メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

京都府立医大病院、陽子線がん治療4月中旬から開始 小児患者を「プロトンズ」応援

陽子線の照射室にあしらわれた「プロトンズ」のイラスト。京都造形芸術大の学生が考案から制作までを手がけた=京都市上京区の永守記念最先端がん治療研究センターで2019年3月13日、菅沼舞撮影

 京都府立医大病院(京都市上京区)が陽子線治療を4月中旬から本格的に開始する。陽子線は放射線の一つで、陽子を高速化してがん病巣に集中させ、周辺の正常組織への影響を低減できる。同病院では保険診療と保険適用外の先進医療の両方が対象で、年間の治療目標は350~400人程度。小児がん患者も受け入れる。

 陽子線・重粒子線を用いた治療施設は府立医大病院を含め国内に19カ所ある。府立医大病院では2017年に世界最高水準の陽子線治療装置を備えた「永守記念最先端がん治療研究センター」が完成し、先行治療として前立腺がん患者10人に照射し…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文653文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです