メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サイボウズ青野社長「同姓と別姓、選べる社会に」 損害賠償訴訟25日判決

「夫婦別姓を当たり前に選べる社会になってほしい」と訴える原告の青野慶久・サイボウズ社長=東京都中央区で2019年3月20日、坂根真理撮影

 夫婦別姓を選べる法制度がないのは「法の下の平等」を定めた憲法に違反しているとして、東証1部上場のソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京都中央区)の青野慶久社長(47)ら男女4人が、国に計220万円の賠償を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁で言い渡される。青野社長は「夫婦同姓にしたい人は同姓を、夫婦別姓にしたい人は別姓を、当たり前に選べる社会になってほしい」と判決に期待する。

 青野社長は、旧姓の「青野」で経営者としてのキャリアを築き、2001年に結婚。「名前が二つあったら面…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文852文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ火災で全国の「聖地」に衝撃 各地から「心配だ」「ショックだ」の声
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです