メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サイボウズ青野社長「同姓と別姓、選べる社会に」 損害賠償訴訟25日判決

「夫婦別姓を当たり前に選べる社会になってほしい」と訴える原告の青野慶久・サイボウズ社長=東京都中央区で2019年3月20日、坂根真理撮影

 夫婦別姓を選べる法制度がないのは「法の下の平等」を定めた憲法に違反しているとして、東証1部上場のソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京都中央区)の青野慶久社長(47)ら男女4人が、国に計220万円の賠償を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁で言い渡される。青野社長は「夫婦同姓にしたい人は同姓を、夫婦別姓にしたい人は別姓を、当たり前に選べる社会になってほしい」と判決に期待する。

 青野社長は、旧姓の「青野」で経営者としてのキャリアを築き、2001年に結婚。「名前が二つあったら面…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 福岡・天神ビブレが来年2月閉店 「天神コア」「福岡ビル」合わせ再開発

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです