メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夫婦別姓訴訟 原告「戸籍法に不備」主張 損害賠償訴訟25日判決

 夫婦別姓を選べる法制度がないのは「法の下の平等」を定めた憲法に違反しているとして、東証1部上場のソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京都中央区)の青野慶久社長(47)ら男女4人が、国に計220万円の賠償を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁で言い渡される。

 夫婦別姓を選べない法制度が憲法違反かどうかが争われた訴訟はこれまでもあり、2015年の最高裁判決は「合憲」と判断した。従来の訴訟では原告側が「夫婦同姓を規定した民法は違法」と主張したが、今回は夫婦別姓を認める規定が戸籍法にないのは違憲だとの論法を用いており、どん…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 「子供のマスクは手作りを」 学校再開に向け文科省が呼びかけ

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです