メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会保障「負担増」 議論は20年度から 参院選の今年は封印?

社会保障改革 今後の主なスケジュールと想定される論点

 厚生労働省が想定する今後の社会保障改革のスケジュールが判明した。当面は公的年金の増える施策などを打ち出し、「安心」を強調するが、2020年度からは国民に不人気な「負担増」の議論を本格化させる。25年には団塊の世代(1947~49年生まれ)が全員75歳以上の後期高齢者となる、「2025年問題」に向けた対応を加速したい考えだ。

 安倍晋三首相が打ち出している「全世代型社会保障への転換」に向け、厚労省は19年末をめどに年金制度改…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  4. 82歳暴行死「慕われていたお父ちゃんが…」憤る遺族
  5. 新皇后さまの横顔…動物、スポーツ好き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです