特集

eスポーツ

全国高校eスポーツ選手権をはじめ、eスポーツに関する話題をお届けします。

特集一覧

鹿島が初優勝 ロケットリーグ部門、鶴崎工降す 高校eスポーツ選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
決勝戦に臨む佐賀県立鹿島高の選手たち=千葉市の幕張メッセで2019年3月23日午後3時36分、藤井達也撮影
決勝戦に臨む佐賀県立鹿島高の選手たち=千葉市の幕張メッセで2019年3月23日午後3時36分、藤井達也撮影

 23日に千葉市の幕張メッセで開幕した第1回全国高校eスポーツ選手権決勝大会のロケットリーグ部門で鹿島(佐賀)が初優勝した。鶴崎工(大分)との決勝を制した。

 決勝大会は、昨年12月23~26日にオンライン上で行われた準々決勝までを勝ち抜いた4校が参加した。準決勝では、鹿島は横浜清風(神奈川)に逆転勝ちし、鶴崎工は阿南高専(徳島)を降した。

 ロケットリーグは3人対3人で対戦するサッカーゲームで、各選手は車両を操作してゴールを狙う。今大会は1ゲームを5分間で争い、得点が多い方が勝利。準決勝は2ゲーム先勝、決勝は3ゲーム先勝方式で行われた。24日は、5人対5人の陣取りゲームのリーグ・オブ・レジェンド部門が行われ、準決勝は共生(岡山)とN高心斎橋(大阪)、東京学芸大付国際中等教育(東京)と横浜市立南(神奈川)が対戦。勝者が初代王者をかけて…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文581文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集