メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア

 フィギュアスケートの世界選手権は最終日の23日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位のネーサン・チェン(米国)は216.02点、合計323.42点で2連覇を遂げた。

 羽生のこん身の演技後の異様な空気の中で登場しても全く演技に乱れはなかった。それこそ今のチェンの強さを象徴していた。

 今季のチェンは自信にあふれている。世界王者のタイトルを獲得して臨んだ今季はグランプリ(GP)ファイ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 選管職員の死亡者が250人超に インドネシア大統領選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです