メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

 フィギュアスケートの世界選手権は最終日の23日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の羽生結弦(ANA)は206.10点、合計300.97点で2位だった。 

 故障からの4カ月ぶりの復帰戦で300点に乗せての2位は「復活」と呼んでもいい。だが五輪2連覇の羽生にとっては「負けは死も同然だと思っている」。優勝したチェンに20点差以上あけられたこともあり、この結果を「負け」と表現した。

 羽生は追う立場となり、4回転ループに懸けた。昨年11月のグランプリ(GP)シリーズロシア杯の練習中…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです