メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

羽生、4回転ループで逆転必ず 12.53点差でも準備OK フィギュア世界選手権(スポニチ)

フィギュアスケート世界選手権第3日(2019年3月22日 さいたまスーパーアリーナ)

 23日に男子フリーが行われる。SP3位発進となった羽生結弦(24=ANA)は22日の公式練習で“勝負手”の4回転ループを5度クリーンに着氷した。首位ネーサン・チェン(19=米国)との差は12・53点。世界選手権で男女通じて最大の逆転劇へ、準備は整った。

     公式練習はこの日2度あったが、羽生は午後6時10分からのセッションだけ汗を流した。フリーで組み込む構想の4回転ループは曲かけ中こそ失敗したが、終盤には怒とうの3連発を決めた。右人さし指を突き上げ、そのイメージを体に染み込ませた。

     4回転ループは右足首を負傷した昨年の平昌五輪で回避。因縁のジャンプについて「跳ばないといけないという使命感が、物凄くある」と語ったが、前夜のSP後に「今インタビューをされてて思ったけど、この試合に集中しないといけない」と言った。余計なことは考えない。ただ、自分のベストを尽くすためだけに4回転ループを舞う。その先に2年ぶり3度目の戴冠が見えてくる。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
    2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
    3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
    5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです