メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチロー愛用バットの職人、納得感を「聞いてみたいけど聞くの怖い」(スポニチ)

イチロー引退

 08年からイチローのバット製作を担当した名和民夫さん(52)が岐阜県養老町の運動用具メーカー「ミズノテクニクス」の工場でイチロー外野手と歩んだ日々を振り返った。

     イチローが渡米前の2月にもバットの調整を約2時間行っただけに、引退発表には「信じられなかった」という。「問題なくというのは及第点。本当はどれくらい納得していたか聞いたことがない。聞いてみたいけど聞くのが怖い。お疲れさまでした」と偉業をねぎらった。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
    2. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
    3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
    5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです