メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

三陸鉄道リアス線開通 沿線に笑顔広がる 各地でイベントや式典 /岩手

 「走れ三鉄。復興のシンボルに」--。東日本大震災で不通になっていたJR山田線宮古-釜石間(55・4キロ)が23日、三陸鉄道に経営移管され、8年ぶりに運行を再開。「南リアス線」(釜石-盛)、「北リアス線」(久慈-宮古)とつながり、第三セクターで日本最長163キロの「リアス線」が誕生した。この日は宮古-釜石間を計4往復する記念列車が運行され、沿線住民や乗客らの笑顔と歓声が沿岸に広がった。【佐藤慶、鬼山親芳、中尾卓英、小鍜冶孝志】

 出発式が行われた釜石市の三陸鉄道釜石駅3番線ホームは、来賓や事前の公募で選ばれた乗客、マスコミなど…

この記事は有料記事です。

残り2262文字(全文2527文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. 都公安委 吉沢ひとみ被告の免許取り消し
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです