メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京の人今日の人

ビール醸造所運営のNPO法人理事長 松尾浩久さん 分業で個性生かす /京都

クラフトビール「ふぞろいの麦たち」を手にする松尾浩久さん=京都市上京区で、国本ようこ撮影

 NPO法人「HEROES(ヒーローズ)」(京都市上京区)が運営する「西陣麦酒(ばくしゅ)」(080・2514・3441)は今月1日、クラフトビール「ふぞろいの麦たち」(330ミリリットル540円)の販売を始めた。麦芽、ホップの栽培から製品化まで、障害のある人が関わっている。福祉作業所や飲食店などから問い合わせも相次ぎ、法人理事長の松尾浩久さん(40)は「一つの福祉のモデルとして参考にしてもらえたらうれしい」と話している。

 長岡京市出身。聴覚障害者のボランティアサークルに入っていた大谷大4年の時、上京区の社会福祉法人が企画するボランティア活動に参加し、カラオケやボウリングなどを通じ知的障害のある人たちと過ごした。ある日、利用者の親から「この子は家にいてもすることがない。助かります」と何度も頭を下げられた。

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです