メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ
’19統一地方選

参院選見据え“前哨戦” 各党、駆け引きや論戦 /兵庫

参院選の立候補予定者も参加し、統一選へ向け気勢を上げる集会の参加者=兵庫県丹波市で2019年3月17日、井上元宏撮影

 県議選、神戸市議選(29日告示、4月7日投開票)を前に、県内の各政党は12年ぶりに同じ年にある夏の参院選兵庫選挙区の戦いを意識して、駆け引きや論戦を繰り広げている。県議会最大会派の自民は県議選で参院選の新人の浸透を図り、公明は県議選で自民系候補に推薦を出し、参院選での選挙協力の見返りに期待する。立憲民主と国民民主は県議選で“協調”路線を取る一方、維新とは阪神間を中心に候補者が競合。共産も含め、参院選の“前哨戦”として勢力拡大に力を入れる。

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです