メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

知事選 初の週末 3候補者、街頭で訴え /奈良

 無所属3人が立候補している知事選(21日告示、4月7日投開票)は23日、告示後初の週末を迎えた。現職の荒井正吾氏(74)▽新人で医師の川島実氏(44)▽新人で弁護士の前川清成氏(56)--の3人は街頭に出て支持を訴えた。【新宮達、中津成美、佐藤英里奈】

病院整備、実績を強調 荒井氏

 荒井氏は東吉野村から出発し、大淀町や吉野町など県中部を中心に回った。高取町役場前の集会には約100人が集まり、田野瀬太道衆院議員が「実績や国とのパイプ、実行力、アイデアを考えたら県政を任せられるのは荒井さんしかいない」と支持を呼びかけた。

 荒井氏は「奈良は遅れていると言われるのが嫌で、誇りを持ってやってきた。救急医療分野を良くしようと病…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1044文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです