メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

秋吉台草原ふれあいプロジェクト副代表 荒木陽子さん /山口

自然とのよりよい関係模索 荒木陽子さん(50)

 美祢市の秋吉台の植生を調査し、草原保全に向けた政策を提言する「秋吉台草原ふれあいプロジェクト」発起人だ。「人と自然のよりよい関係」を模索し続けている。

 地元・徳島県の里山で祖父が語った「人が手を加えて維持できる自然もある」との言葉が心に残り、広島大で植物と環境の関係を調べる研究に没頭した。1997年、夫の異動で山口市へ。耕作放棄が原因で瀬戸内の島の里山が荒廃している現状をまとめ、39歳で博士号を取った。

 研究を地域に生かしたい--。そんな時、秋吉台の草原面積が120年前の5分の1に減少していると知った…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文579文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです