メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

宮古-釜石間、運行再開(その1) 三陸復興、鉄路が導く

大漁旗を振る住民らに出迎えられ、磯鶏駅に到着した三陸鉄道「リアス線」の記念列車=岩手県宮古市で2019年3月23日、喜屋武真之介撮影

 岩手県沿岸部を通る第三セクター・三陸鉄道(三鉄)の釜石駅ホームで、記念列車が出発の時を待っていた。23日午前11時19分、「リアス線」の開業を祝うテープカットが行われると、カメラのフラッシュが一斉にたかれ、ホームは拍手に包まれた。「ようやくこの日を迎えられた。三鉄にとっては第3のスタートだ」。社長の中村一郎さん(63)は言い、乗客とともに列車に乗り込んだ。

 2011年の東日本大震災の津波で不通になったJR山田線宮古-釜石間(55・4キロ)は同日、三鉄に経…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです