メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成年後見制度

報酬見直し 業務量で算定 最高裁通知

 障害や認知症で判断力が十分でない人の財産管理や意思決定を支援する「成年後見制度」を巡り、最高裁は全国の家庭裁判所(家裁)に、後見人の報酬算定方法の見直しを促す通知を出した。後見人の実際の業務量に応じた算定に改めることが柱。現在は後見を受ける人の資産に応じた定額報酬が一般的だが、「仕事をしていなくても報酬が高い」などの批判に配慮した。低迷がみられる制度の利用促進を図る狙いもある。【原田啓之】

 成年後見制度では、家裁が弁護士や司法書士などの専門家や親族から後見人を選ぶ。後見人は財産管理と、日…

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1441文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです