連載

時代の風

各界の文化人が、それぞれの視点で混迷する時代を読み解きます。

連載一覧

時代の風

東京五輪・パラリンピック開会式 演出は「みんな」の参画で=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=太田康男撮影
=太田康男撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 演劇、オペラといった「芸術的」興行のみならず、最近は結婚式から政治的行事まで「演出」ばやりである。それも、演出のプロやセミプロが各所に登場し、世はまさに「演出時代」の感がある。広告と宣伝、イメージ作戦やブランド作りがはやる現代では「演出」の重要性は言をまたない。

 しかし、広告、宣伝には、夢を追う「大衆」と、粉飾や誇張をあえてする「広告屋」との無言のなれ合いが必要なように、ある行事が演出されると、「演出者」と「観客」との間に、知らず知らずのうちになれ合いが生じる。その結果、その行事が本来持つべき真面目な理念や思想が横に置かれ、イメージ作りだけが先行する。商品やサービスの販売については、それも良いであろう。しかし、社会の変革、あるいはそれへの触媒となるべき活…

この記事は有料記事です。

残り1406文字(全文1762文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集