メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

「一帯一路」覚書締結 中国、窮状の伊に触手 地中海、港湾に出資

 欧州歴訪中の中国の習近平国家主席は23日、ローマでイタリアのコンテ首相と会談し、両国は習氏が提唱する経済圏構想「一帯一路」に関する覚書を締結した。主要7カ国(G7)が一帯一路に参加するのは初めて。中国は欧州連合(EU)内の経済大国イタリアを抱き込むと共に港湾拠点を確保することで、欧州における米国主導の対中包囲網を突き崩す狙いとみられる。米国、EUは共に警戒を強めるが、両者の足並みは乱れ、中国に付け入る隙(すき)を与えている。

 イタリア北部ジェノバ近郊にある人口約8400人の港町「バードリーグレ」。地中海に臨む港には高さ20…

この記事は有料記事です。

残り2262文字(全文2527文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです