メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

「シリアのIS100%制圧」 米とクルド部隊が宣言

 【ワシントン会川晴之、カイロ篠田航一】トランプ米大統領は22日、シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)が支配する地域を「100%制圧した」と発表した。米軍の支援を受けるクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)も23日、IS残党の最後の拠点だったシリア東部バグズ村を「解放した」と表明。ISが「建国」を宣言した2014年から続いた米国の掃討作戦は大きな節目を迎えた。

 トランプ氏は米軍の撤収を加速させるとみられる。ただ、ISは支配地域を失っても残存勢力による「拡散」が懸念されており、テロの脅威は依然として残ったままだ。

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです