メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国債

金利が長短逆転、11年半ぶり 景気後退前兆か

22日のニューヨーク市場で株価は大幅に下落した=ニューヨーク証券取引所で、ロイター

 【ワシントン中井正裕】ニューヨーク債券市場で22日、3カ月物国債の利回りが10年物の利回りを上回る「長短金利逆転(逆イールド)」が2007年8月以来、約11年半ぶりに発生した。市場では景気後退の前兆とされており、投資家心理が悪化。同日の株式市場で株価が急落した。

NY株急落 460ドル安

 ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均の終値は、前日比460・19ドル安の2万5502・32ドルと、2週間ぶりの安値をつけた。下げ幅は1月3日(660ドル安)に次いで今年2番目の大きさとなった。

 逆イールドの要因は、世界経済の失速懸念の強まりだった。22日はユーロ圏と米国の製造業関連の景気指標…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文844文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです