メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

宮古-釜石間、運行再開(その2止) 信念貫き、復旧へ道

リアス線開業への意気込みを語る中村一郎さん。1人の乗客として三鉄の企画列車に乗ることもある=岩手県宮古市で2019年2月27日、佐々木順一撮影

 

 ◆元岩手県職員、三鉄社長として尽力

存続巡り交渉難航

 「ここも前は住宅地でしたが、全て津波で流され、移転しました」。昨年12月、三陸鉄道南リアス線の企画列車に乗った同社社長、中村一郎さん(63)が指さした先には、更地が広がり、その奥には防潮堤が海岸線に沿って延びていた。南リアス線が走る岩手県釜石市で、中村さんはあの日を迎えた。

 2011年3月11日、釜石市にある県沿岸広域振興局の局長だった中村さんは県主催のセミナー出席のため…

この記事は有料記事です。

残り4669文字(全文4885文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  5. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです