メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

缶入りドロップス カランコロンに聞いた希望

昔ながらの味が楽しめるサクマ式ドロップス。左が復刻版。横書きの文字が右から左へと書かれている

 「がん……ですね」。そう告げられ「やっぱりな」と思った。父も母も、同じがんで逝っている。早期の手術を勧められ、心が少し揺らいだ。「どうする? このままでもいいか」。迷いながら病院を出た。駅へ向かう途中、いくつもの影が私を追い抜いていった。「俺はいま、どんな顔をしてるのだろう」。そう思ってビルのショーウインドーに顔を映した。「これは!?」--沈んだ顔の向こうに、記憶にある懐かしの缶があった。

 半世紀、いや60年ぶりに見る缶入りの「サクマ式ドロップス」。子どものころ、四角い缶を揺らし、振るた…

この記事は有料記事です。

残り1922文字(全文2169文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです