メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『近代神学の誕生 シュライアマハー「宗教について」を読む』=佐藤優、深井智朗・著

 (春秋社・2160円)

 大学院で神学を専攻した佐藤優氏とプロテスタント神学が専門の深井智朗氏が、シュライアマハーをめぐり対論した。シュライアマハーは、バルトを遡(さかのぼ)ることおよそ一世紀、近代神学の草分けの思想家。深井氏が彼の『宗教について』(春秋社)を翻訳したことが、本書の対論のきっかけとなった。

 キリスト教はカトリックとプロテスタントに分裂した。ドイツではプロテスタントの、ルター派が主流となった。ニュートン力学など自然科学が発展すると、神が「天にいる」と素朴に考えるわけには行かなくなった。自然科学とキリスト教の信仰をどう両立させるか。それを考えるのが近代神学である。

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. 中学生の胸を触った疑い ジャンプ連載「アクタージュ」自称原作者を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです