メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

三浦雅士・評 『鬼子の歌 偏愛音楽的日本近現代史』=片山杜秀・著

 (講談社・3456円)

時代が音楽に深く浸透

 もう二昔前にもなろうか、レコード会社、ナクソス・ジャパンの企画「日本作曲家選輯(せんしゅう)」に収録された作曲家の新鮮な顔ぶれに惹(ひ)かれ、出るCDを次々に買い集めたことがある。戦前戦中の日本人作曲家の活動が分かる企画なのである。だが、買い始めて驚嘆したのはこのシリーズの解説を担当していた片山杜秀というライターの文章で、次第にむしろその文章のために買い求めるようになった。みな、細かい字でぎっしり数頁(ページ)も続く、四百字詰めで四十枚にもなろうかという力作評論で、調査の緻密と博識に圧倒された。拡大コピーして自分なりに製本したが、そのまま一冊の立派な作曲家論集になった。

 大澤壽人の「神風協奏曲」も深井史郎の「ジャワの唄声」もこのシリーズで初めて聞いた。いや、初めて知っ…

この記事は有料記事です。

残り1122文字(全文1483文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです