メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『創造と狂気の歴史 プラトンからドゥルーズまで』=松本卓也・著

 (講談社選書メチエ・2322円)

心の遺物のパラダイム移行を鮮明に

 二〇世紀を代表する精神病理学者ユングは「精神のまともな人がいれば見せてもらいたい。その人を治してあげよう」と語ったという。誰でも多少は精神病をかかえているというなら、凡人にはホッとするところがある。

 もっとも、本書がとり上げるのは、凡人ならざる人物である。古代ギリシアの頃から、「狂気の混じらない天才はかつて存在しなかった」と指摘されている。プラトンもアリストテレスも「創造と狂気」には深い結びつきがあることに気づいていた。プラトンは神々に由来する狂気によって偉大なる詩人が生まれると語り、アリストテレスは創造力をメランコリー(うつ病)と結びつける論者だった。

 このような狂気の背後にはもともと神々と人間を仲介するダイモーンがいると信じられていた。だが、唯一神…

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1522文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです