メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中村桂子・評 『進化の意外な順序 感情、意識、創造性と文化の起源』=アントニオ・ダマシオ著、高橋洋・訳

 (白揚社・3240円)

身体なくして心始まらず

 著者は、感情や意識など、人間とは何かを知るうえで重要なテーマを考え続けている神経科学者、神経科医である。人間に注目すると、言葉、社会性、知識、理性などに眼(め)が向くが、著者は、それらを動機づけ、結果をチェックし、必要な調整を行っているのは感情であることに気づいた。そこで、「これまでその働きに見合うだけの注目を浴びて来なかった」感情を基本に人間について考えていくのである。それが示された部分を少し長いが引用する。<人間が持つ感情の本性と影響に関するストーリーを語ろうとしたとき、私は、心や文化に対する私たちの考えが、生物学的な現実に即していないことに気づいた。私たちは、生物が見せる、社会環境における知的な振る舞いが、神経系に支援された先見の明、熟慮、複雑性に由来すると想定している。しかしその種の振る舞いが、生物圏(バイオスフィア)の夜明けの時代に存在していたバクテリアのような単細胞生物が備えていた簡素な装置にその起源を持つ可能性があることは、今や明らかである>。原初の生命体からの連続性の中で、心や文化を語るという新しい視点を出すという思いから、表題に「意外」がつけられている。しかし、評者の立場(生命誌)はこれを意外でないと見てきたので、神経科学からのこのアプローチに大いに関心を抱いた次第である。

 著者は「ホメオスタシス」に注目する。これは通常「恒常性」と訳され、「平衡」「バランス」に注目するが…

この記事は有料記事です。

残り1429文字(全文2057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです