メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 羽生、情感と執念の2位 鬼門のループ成功

2位となり表彰式終了後に悔しそうな表情で天を仰ぐ羽生結弦。下は優勝したネーサン・チェン=佐々木順一撮影

 フィギュアスケートの世界選手権は最終日の23日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーがあり、ショートプログラム(SP)3位で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)はフリー206・10点、合計300・97点で2位だった。SP6位の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリー178・92点、合計270・32点で4位、SP19位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は14位。SP首位のネーサン・チェン(米国)がフリー216・02点、合計323・42点で2連覇を達成。フリー、合計ともにルール改正後の世界最高得点となった。SP4位のビンセント・ゾウ(米国)が3位に入った。

 日本は上位2人の順位合計が「13」以内となり、カナダ・モントリオールでの来年大会の出場枠最大3を確…

この記事は有料記事です。

残り1956文字(全文2279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです