メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 羽生2位、次章への起源

 フィギュアスケートの世界選手権は最終日の23日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーがあり、ショートプログラム(SP)3位で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)はフリー206・10点、合計300・97点で2位だった。SP6位の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリー178・92点、合計270・32点で4位。SP首位のネーサン・チェン(米国)がフリー216・02点、合計323・42点で2連覇を達成。フリー、合計ともにルール改正後の世界最高得点となった。

 日本は上位2人の順位合計が「13」以内となり、カナダ・モントリオールでの来年大会の出場枠最大3を確…

この記事は有料記事です。

残り1953文字(全文2224文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです