メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 羽生2位、次章への起源

 フィギュアスケートの世界選手権は最終日の23日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーがあり、ショートプログラム(SP)3位で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)はフリー206・10点、合計300・97点で2位だった。SP6位の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリー178・92点、合計270・32点で4位。SP首位のネーサン・チェン(米国)がフリー216・02点、合計323・42点で2連覇を達成。フリー、合計ともにルール改正後の世界最高得点となった。

 日本は上位2人の順位合計が「13」以内となり、カナダ・モントリオールでの来年大会の出場枠最大3を確保した。

この記事は有料記事です。

残り1949文字(全文2224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです