攻防再び

大阪ダブル選 「維」一体/「自」連携 大阪のかたち、訴え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪府知事・大阪市長のダブル選(4月7日投開票)で、大阪都構想の実現を最大の公約に掲げる大阪維新の会は、1人の司令塔の下で成長戦略などの広域行政に取り組むべきだと主張する。一方、対立候補を擁立する自民党は府と市の協議で対応できると反論。過去には「大阪戦略調整会議」(大阪会議)が具体的な議論に入らぬまま頓挫した経緯もある。24日告示される市長選では都構想の「対案」も有権者の関心を引きそうだ。【津久井達】

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文834文字)

あわせて読みたい

注目の特集