メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

いつもと違う朝 宮崎県都城市・本多真由美(介護福祉士・59歳)

 月曜日の朝、目覚ましが鳴る前にすっきりと目覚めた。いつもなら目覚ましを止めてから、あと5分、あと5分と寝続け、ぎりぎりで慌てて起きるのに、ゆっくりと準備をして朝食を済ませ、コーヒーを飲みながら優雅に新聞を隅々まで読む。

 ああ、1週間の始まりの日にこんなに爽やかな朝を過ごすなんて、まだまだたっぷり時間はあるけれど、今日は少し早めに出勤しようかしら。小指を立てて「おー、ほっほ」と笑ってみる。

 朝起きた時から上機嫌の私を犬と猫は上目遣いにじーっと見ている。きっと私が仕事に行った後「何かあった…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです