メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ブラック・クランズマン 警官がKKKに潜入捜査、黒人差別は今も続く現実

 人種問題を取り上げる映画が相次いで公開されています。といっても、内容はさまざま。一方には黒人から自由を奪うアメリカ社会を刑務所に象徴させた「ビール・ストリートの恋人たち」があるとすれば、他方には人種の壁を越えて人情が通う幸せな「グリーンブック」があるというように、アメリカ社会における人種の捉え方の多様性が反映されています。

 今回ご紹介する「ブラック・クランズマン」を監督したスパイク・リーは、ハリウッドのアフリカ系映画人の…

この記事は有料記事です。

残り1432文字(全文1645文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです