メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーW杯、南米4カ国共催に意欲 アルゼンチン副大統領

インタビューに応じるアルゼンチンのガブリエラ・ミケティ副大統領=東京都内のホテルで2019年3月23日、庭田学撮影

 アルゼンチンのガブリエラ・ミケティ副大統領が23日、東京都内で毎日新聞の取材に応じた。サッカーの2030年ワールドカップ(W杯)招致に、アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイの南米4カ国が共催立候補する方針について「4カ国には共通性がある」と述べ、実現に期待を示した。

 ミケティ氏は「4カ国はサッカーが非常に盛んで、大きな熱意を持っている。常に競い合ってきた。4カ国で大会を運営することは可能だ」と語った。

 経済危機に直面したアルゼンチンは昨年、国際通貨基金(IMF)に支援を要請した。ミケティ氏は現状につ…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです