メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ほしいのは食べ物、命」 ベネズエラ「反米左派」大統領に批判 

ベネズエラの首都カラカスにある貧困地区エルセメンテリオで、マドゥロ政権に抗議する歌を歌う人たち。奥には粗末な家が並ぶ=カラカスで2019年3月12日、山本太一撮影

 政情不安が続く南米ベネズエラで、貧困層に支えられてきた反米左派、マドゥロ大統領への支持が低下している。野党連合指導者のグアイド国会議長が1月に暫定大統領就任を宣言。カリスマ的な指導者だった故チャベス前大統領以来、与党・統一社会党の強固な地盤となってきた貧困地区を今月中旬に訪れると、深刻な経済危機を背景に政権離れの動きが顕在化し始めていた。【カラカスで山本太一】

 「ほしいのは食べ物、命だ」「もううんざりだ」――。3月12日、首都カラカス南西部の貧困地区エルセメ…

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1493文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです