メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚コレラ感染対策  野生イノシシへのワクチンの散布開始 愛知

山林に掘られた穴にワクチンを投入する関係者=愛知県小牧市で、2019年3月24日午前10時39分ごろ(愛知県提供)

 豚コレラの感染拡大を防ぐため、愛知県は24日、県内の山林で、ウイルスを媒介しているとされる野生イノシシへの経口ワクチンの散布を始めた。野生動物へのワクチン投与は国内初めてで、25日には岐阜県でも散布が始まる。

 散布されたのは液状のワクチン入りのカプセルをトウモロコシの粉などで包んだ4センチ四方の餌状のもの。農林水産省がドイツから12万個輸入し、愛知、岐阜両県で野生イノシシの感染が確認された地域に深さ5~10センチの穴を掘って埋める。5日後に掘り起こして、ワクチンが食べられたかを確認し、10日後からイノシシを捕獲して抗体を確かめる。

 愛知県でワクチン入りの餌が埋められるのは春日井市や犬山市、小牧市の山林で計60カ所。1カ所当たり約…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文756文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  3. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  4. 「通学バス、給食の手配が間に合わない」休校や短縮授業の学校も 拳銃強奪
  5. 「おとなしくて真面目な印象。トラブルや苦情ない」東京の容疑者自宅マンション管理人 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです