メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大林宣彦さん「あと30年は映画を作り続ける」 高崎映画祭授賞式

 第33回高崎映画祭の授賞式が24日、群馬県高崎市高松町の群馬音楽センターで開かれた。「花筐/HANAGATAMI」で特別大賞が贈られた映画作家、大林宣彦さんら14人が出席し、クリスタル製のトロフィーを手に喜びを語った。

 81歳の大林さんは、肺がんの抗がん剤治療を受けながらも、精力的に映画製作を続けている。車椅子で舞台に登場し、「若い人たちがすばらしい作品を作っている。個人が集まって、集まることが平和の輪になっている。人こそが大切だとわかってきて、うれしい。そうい…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです