空き家や空き店舗を「学生寮」に 山形市、街の活性化へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
物件所有者向けに開かれた説明会=山形市七日町の市中央公民館で2019年3月6日午後7時、日高七海撮影
物件所有者向けに開かれた説明会=山形市七日町の市中央公民館で2019年3月6日午後7時、日高七海撮影

 全国で空き家問題が深刻化する中、山形市に本部がある東北芸術工科大学と山形大学が山形県などと協力し、市街中心部の空き家や空き店舗を学生寮として改装する取り組みを始める。両大の学生は約7割が県外出身で、市内に住まない学生も多く、学生を市中心部に呼び込んで街の活性化につなげる狙い。国の「住宅セーフティーネット制度」の活用も想定しており、この制度を使った学生寮の提供は全国初という。

 改装工事は2019年度から始まり、20年4月に学生寮の提供をスタートさせる計画だ。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文948文字)

あわせて読みたい

ニュース特集