特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

三回に「力んでしまった」横浜の先発・及川投手

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【明豊-横浜】三回に適時打を許し、帽子に手をやる横浜の先発・及川=阪神甲子園球場で2019年3月24日、山田尚弘撮影 拡大
【明豊-横浜】三回に適時打を許し、帽子に手をやる横浜の先発・及川=阪神甲子園球場で2019年3月24日、山田尚弘撮影

第91回選抜高校野球

 ○明豊13-5横浜●(24日・甲子園)

 ほとんど何もできないまま、自身3度目の甲子園を去ることになった。横浜の及川(およかわ)雅貴投手。4点リードをひっくり返され、三回途中5失点で降板。最速153キロを誇る左腕は「実力がなかった」と現実を受け止めた。

 立ち上がりからスライダーを多投し、快速球は146キロを1球見せただけ。「打者を見て(有効と思った)変化球で攻めた」といい、二回まで無失点に抑えた。だが、三回に「ここを抑えれば流れがつかめると思い、力んでしまった」と、直球が指に引っかかって先頭の8番打者から連続四球。その後は再び多投したスライダーを狙われ、4長短打を浴びて右翼手に退いた。

 昨秋の関東大会2回戦で連続四球から大量失点し、チームの七回コールド負けにつながった。冬場は下半身強化やフォーム修正、制球力向上に取り組んだ。試合後の平田監督は「状態は万全だった。気持ちの問題もあるかも」と首をかしげた。

 初めてエースとして臨んだ甲子園で1回戦敗退。「また一から出直す」。未完の大器が才能を開花させるまで、時間はまだかかりそうだ。【真下信幸】

関連記事

あわせて読みたい