メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

国際 命のビザ カナダから78年ぶり来日

[PR]

田中洋之たなかひろゆき 毎日新聞まいにちしんぶん編集委員へんしゅういいん

 JR東京駅とうきょうえきちかくに「杉原千畝すぎはらちうねセンポ・ミュージアム」が今月こんげつオープンしました。杉原すぎはら(1900~86ねん)は第二次世界大戦だいにじせかいたいせんちゅう、リトアニアのカウナスに駐在ちゅうざいした外交官がいこうかんです。ナチス・ドイツの迫害はくがいからのがれようとするユダヤじん日本にっぽん通過つうかみとめるビザ(査証さしょう)をし、おおくのいのちすくいました。ミュージアムは杉原すぎはら生涯しょうがい業績ぎょうせき写真しゃしんやパネル、映像えいぞうくわしく紹介しょうかいしています。

     開設かいせつわせ、杉原すぎはらした「いのちのビザ」の実物じつぶつが78ねんぶりにカナダから日本にっぽんました。ビザは40ねんがつ、ユダヤけいポーランドじんのネイサン・ブルマンさんにされたものです。ビザをたネイサンさんはつまスーザンさん、あに夫婦ふうふとともにシベリア鉄道てつどうでソれん横断おうだんし、41ねんがつ極東きょくとうウラジオストクからのふね福井県ふくいけん敦賀市つるがしきました。その兵庫県神戸市ひょうごけんこうべし滞在たいざいし、どうねんがつ神奈川県横浜市かながわけんよこはましからカナダにけて出発しゅっぱつしました。

     ネイサンさんが86ねんに71さいくなったあと、ビザがしるされたパスポートは家族かぞく大切たいせつ保管ほかんしてきました。その貴重きちょう資料しりょう今回こんかい日本にっぽんされることになりました。父親ちちおやのパスポートをってカナダから来日らいにちした長男ちょうなんのジョージさん(75)は「ビザはわたしたち家族かぞくだけのものではありません。(公開こうかいは)世界せかいのためになります」とはなしていました。

     ちなみに施設しせつ名称めいしょう「センポ」は、杉原すぎはら外国がいこくばれやすいように音読おんよみで「センポ」と名乗なのっていたことにちなんだものです。

     ミュージアムでは、杉原すぎはら日本政府にっぽんせいふ方針ほうしんはんしてビザの発給はっきゅうめたおもいをつづった手記しゅきや、おおくのユダヤじん虐殺ぎゃくさつされたホロコーストにかんする資料しりょう展示てんじされています。小学生しょうがくせい以下いか入場無料にゅうじょうむりょう道徳どうとく教科書きょうかしょにもげられている杉原すぎはら当時とうじ歴史れきしについてまなぶことができるので、ぜひおとずれてみてください。詳細しょうさいはホームページ(http://sempomuseum.com/)。


     通算つうさん年半ねんはんにわたりモスクワ特派員とくはいんをつとめ、ユーラシア大陸たいりく各地かくち取材しゅざいした。ロシアがんだキャラクター「チェブラーシカ」をこよなくあいする。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 犬の頭上から猫が生えてきている? SNSで話題の“ひょっこりにゃん”写真が撮れた理由とは

    2. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

    3. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

    4. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

    5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです