メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

「鳥の眼」で見たら=永山悦子

 「大正の広重」と呼ばれた絵師、吉田初三郎は、大正~昭和にかけて全国の名所・旧跡や鉄道沿線などの鳥瞰(ちょうかん)図を描いた。絵を見る者は自分が鳥になったような気分になり、上空から街並みを見下ろす視点で風景を楽しめる。

 私が初めて初三郎の絵を見たのは、2013年に宮城県にある東北歴史博物館で開かれた特別展「美しき東北の街並み」でのこと。初三郎は東北の風景を数多く描いており、2年前に東日本大震災の津波被害を受ける前の姿を紹介しよう、と企画されたものだった。

 まず一つ一つの建物まで詳細に描き込まれた街並みにびっくり。リアス式海岸のパノラマが広がり、沿岸の港…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです