メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新20世紀遺跡

/65 東京・板橋 養育院/上 窮民らに降った空襲の魔弾

養育院から出征する職員=1944年1月18日撮影

 今月下旬、東京・板橋にある東京都健康長寿医療センターには、初春らしい陽光が降り注いでいた。ベンチでくつろぐ高齢者。木の実をついばむ小鳥。平和な風景だ。しかしここには74年前の春、阿鼻叫喚(あびきょうかん)の世界が広がっていた。

 第二次世界大戦末期の1945年4月13日深夜から未明。米軍の爆撃機B29約160機が豊島、荒川、足立や板橋などに焼夷(しょうい)弾2030トンを投下した。同年3月10日の東京大空襲を上回る量で死者約2400人、被災者は64万人に上った。「城北大空襲」だ。

 その魔弾は、軍施設のみならず民間人の住宅、医療・福祉施設にまでばらまかれた。たとえば同センターの前…

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです