メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

棋譜の余白

それぞれのドラマがあった年度末=山村英樹

 年度末にあたる3月は、気ぜわしい時期だ。将棋界では王将戦七番勝負、棋王戦五番勝負の最終局が3月に組まれ、4月からは叡王戦七番勝負に続いて名人戦七番勝負が開幕する。

 名人挑戦権を争うA級順位戦の最終局は1日に行われ、今期は豊島将之王位・棋聖が挑戦者となった。だが、注目されたのはA級だけではない。各クラスで昇降級をめぐる静かな戦いが展開された。

 師匠の杉本昌隆八段が50歳で昇級、弟子の藤井聡太七段が同星ながら順位の差で昇級できなかったC級1組…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです