メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

学校防災と震災伝承、二つのシンポジウム 備えで子供救えた 語り部、地域と対話が重要 仙台 /宮城

 東日本大震災発生から8年を迎え、学校防災や震災伝承について考える二つのシンポジウムが23日、仙台市内でそれぞれ開かれた。教育現場で子供らの命を守るためにすべきことは何か。震災の教訓を未来に語り継ぐためにいま何ができるのか。関係者による真剣な提言や意見交換が繰り広げられた。【滝沢一誠、百武信幸】

釜石の事例紹介「奇跡ではない」

 仙台市青葉区のエル・パーク仙台では、津波で児童74人と教職員10人が犠牲になった石巻市立大川小の被災を教訓に学校防災について話し合う「これからの学校防災を考えるフォーラム」が開かれ、約100人の来場者が耳を傾けた。

 フォーラムは県議会の全会派から集まった県議の有志が企画。大川小で6年生だった次女を亡くした元中学教…

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  5. 職員PC、定時で強制終了 働き方改革 あすから枚方市 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです