メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それゆけ!体験隊

小学生の登下校見守る 子供は宝、地域一体 交通安全の大切さ再確認 /岐阜

 大垣市笠木町前田の四つ角で、登下校の小学生たちを見守るボランティアグループ「ウエストみまもりアイ」。「子供は地域の宝。地域が一体となって守っていかないと」と話す代表の松岡則一さん(69)。どんな思いで子供たちを見守っているのか記者も参加してみた。【渡辺隆文】

 午前6時半。「みまもりアイ」のメンバーとともに笠木西交差点に集合した。そこで「交通安全」と書かれた黄色い旗がついたポールを渡された。小学生のころ、児童数人で集団登校する分団の分団長のとき以来、久しぶりの感触だ。

 まだ、早朝にもかかわらず自動車の通行量はすでに多い。道幅は狭いのに、結構なスピードで通過していく車もある。私が気付いただけでも、2台が信号無視した。

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1178文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです