メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

県議選 予想される顔ぶれ/上 三重、無投票一転選挙戦 鈴鹿、現新3人ずつ激戦 /三重

 県議選が29日に告示され、4月7日に投開票される。定数51に対し、県内17選挙区で計65人(前回比3人増)が出馬を表明している。内訳は現職42人▽元職3人▽新人20人。政党別では自民23人▽公明2人▽共産3人▽維新1人▽旧民進系の地域政党「三重民主連合」5人▽同「新政みえ」4人▽諸派1人▽無所属26人。現在の県議会最大会派は「新政みえ」。三重民主連合や新政みえの推薦を受ける無所属候補もおり、単独過半数を目指す自民と旧民進系のどちらが多数派となるかも注目される。各選挙区の立候補予定者の顔ぶれを3回に分けて紹介する。【山本萌、田中功一】

この記事は有料記事です。

残り1141文字(全文1411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです