メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/32 将棋 畠山成幸八段 独特の存在感示し30年 /大阪

感想戦で藤井聡太七段との対局を振り返る畠山成幸八段=大阪市福島区の関西将棋会館で、新土居仁昌撮影

 1989年にプロ棋士になり、今年で30年。今月8日に指した藤井聡太七段との竜王戦4組ランキング戦がちょうど1000局目の対局となった。昭和の時代にはやった「ひねり飛車」ふうの戦法を繰り出し、112手で敗れたものの、「節目の将棋を藤井さんと指せたのはうれしかったですね」と笑顔を見せる。名人戦に連なる順位戦はB級2組に所属。在籍期間は連続23期に及び、50歳を迎える新年度からは24期目の戦いに入る。また、英語やフランス語を独学で身に着けるなど、独特の存在感を示している。

 札幌市で暮らしていた小学生時代、アイスホッケーの選手にあこがれ、双子の弟と一緒にスケートに熱中した。しかし父の転勤で夢はついえ、ある日、弟が将棋専門誌を買ってきてからは、兄弟で将棋にのめり込んだ。約10年後、89年度前期の奨励会三段リーグ戦を弟の畠山鎮七段と共に勝ち抜き、兄弟同時にプロになった。「報われなかった先祖の運まで全部いただいたような感じですよね」と、奇跡のような快挙を振り返る。

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです