メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「強制不妊、過ち認めて」 聴覚障害者夫婦、集会で思い語る 尼崎 /兵庫

手話で、強制不妊手術を受けた経緯やその後の人生を語る高尾辰夫さん(右)=兵庫県尼崎市潮江1の小田公民館で、生野由佳撮影

 「優生思想・強制不妊手術を許さない尼崎集会」が24日、尼崎市潮江1の小田公民館で開かれた。旧優生保護法(1948~96年)の下で不妊手術を強いられたとして、国家賠償を求め神戸地裁に提訴した聴覚障害者の夫婦が登壇し、夫は「子どもを産む、産まない判断を国が決めるのは腹立たしい。法律が間違っていたと認めて謝罪してほしい」と訴えた。妻は「この問題を社会全体で考えてほしい」と呼びかけた。【生野由佳】

 集会は、旧優生保護法など障害者への差別問題を考える催しとして尼崎市内の障害者団体やその支援者らでつ…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです