メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「強制不妊、過ち認めて」 聴覚障害者夫婦、集会で思い語る 尼崎 /兵庫

手話で、強制不妊手術を受けた経緯やその後の人生を語る高尾辰夫さん(右)=兵庫県尼崎市潮江1の小田公民館で、生野由佳撮影

 「優生思想・強制不妊手術を許さない尼崎集会」が24日、尼崎市潮江1の小田公民館で開かれた。旧優生保護法(1948~96年)の下で不妊手術を強いられたとして、国家賠償を求め神戸地裁に提訴した聴覚障害者の夫婦が登壇し、夫は「子どもを産む、産まない判断を国が決めるのは腹立たしい。法律が間違っていたと認めて謝罪してほしい」と訴えた。妻は「この問題を社会全体で考えてほしい」と呼びかけた。【生野由佳】

 集会は、旧優生保護法など障害者への差別問題を考える催しとして尼崎市内の障害者団体やその支援者らでつ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. ORICON NEWS “美人女芸人”紺野ぶるまが結婚へ お相手は同い年の一般男性「平成のうちに入籍する予定です」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです