メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

海外高級ブランド次々「炎上」 多様性への意識欠く

 <access>

 欧州の高級ブランドが発表した服や動画などが「不適切だ」と批判を受け、謝罪や販売中止に追い込まれるケースが相次いでいる。デザインや表現が差別的だと問題視したネットの投稿から非難が広がった。ファッションの最前線で何が起きているのか。【永田晶子】

売れるデザイン重視

 問題になったのは、伊ブランドのドルチェ&ガッバーナ(D&G)の、モデルが箸でピザなどを食べる中国向けの広告動画(昨年11月)▽伊ブランドのプラダの、茶色い肌と赤く分厚い唇が特徴的なキャラクターの製品(同12月)▽伊ブランドのグッチの、口まで覆える襟に大きな赤い唇の形がデザインされた黒色セーター(今年2月)▽英ブランド、バーバリーのフードのひもが首つりに使う縄のように結ばれたパーカ(同)=カッコ内は各ブランドが謝罪した時期。

 D&Gの動画はネット上で「中国文化をばかにしている」などと非難を浴び、上海で予定していたファッショ…

この記事は有料記事です。

残り1438文字(全文1841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  3. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  4. 青森・岩木山で初雪 昨年より13日早く

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです