メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成ネット政治史

/11止 信頼性低く、影響は微小? 得た力を未来のために=逢坂巌

逢坂巌氏=東京都千代田区で2019年3月20日、青島顕撮影

 日本のインターネットは1989(平成元)年1月、米国のネットワークと常時接続した。それ以来、ネットはまさに平成という時代と共に歩んできた。政治においても90年代半ばには首相官邸や政党のホームページが作られ、その後は国会の議事録や政治資金の収支報告書がネットに公開されるようになった。選挙期間中の利用も2013年に解禁された。

 では、ネットは日本の政治を変えたのか。若手の研究者や実務家に聞いてみると、否定的な意見が目立った。

この記事は有料記事です。

残り1326文字(全文1539文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです