メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

影書房前代表・松本昌次さん=1月15日死去・91歳

影書房前代表・松本昌次さん=東京都内で2016年8月、吉川光さん撮影

一貫して戦後を見つめ 松本昌次(まつもと・まさつぐ)さん=腎臓がんのため、1月15日死去・91歳

 「いま、言わねば」。今月半ばに発刊された遺稿集のタイトルだ。故人の希望で生前から準備されていた。副題に「戦後編集者として」とあるように、一貫して戦後の日本を見つめ、国家主義や権力にあらがう表現者の思想や証言を活字にした。

 原点には東京大空襲の体験があった。東京・目黒で育ち、「近所に住む母子やよく本を読む大学生が焼死体と…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

  5. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです