メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチンのロシア

ウクライナ危機5年/7 改革の誓いむなしく

ゼレンスキー氏の選対事務所ではガラス窓に、最新の支持率調査結果が書き込まれていた。上位3人はゼレンスキー氏32%、ポロシェンコ大統領17%、ティモシェンコ元首相15%となっていた=キエフで11日

 ガラス窓には世論調査の結果が手書きで記される。この選対事務所の候補が32%を獲得し、2位の現職大統領に15ポイント差をつけていた--。今月31日に迫ったウクライナの大統領選の支持率調査では、この候補、コメディアンのウラジーミル・ゼレンスキー氏(41)が首位に立つ。テレビ番組で主役を演じ、人気の人物だ。

 注目点は若者の支持が高いこと。「本心からこの国を変えようとしている点を支持している」。陣営のフェイスブックを更新していたアルチョムさん(23)はこう語る。選対は20~30代のスタッフで占められている。

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1192文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです